読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレパシーの亜種

ここを読んでいないあなたに伝えたいことがあるんです

2016年のベストアルバム

2016年に購入したCDのうち、2016年発売のものをベストテンで並べました。こちらの企画に沿う形式にしているつもりです。

  1. 二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band『GOTTA-NI』
  2. 菊地成孔『MOBILE SUIT GUNDAM THUNDERBOLT ORIGINAL SOUNDTRACK』
  3. METAFIVE『META』
  4. D.A.N『D.A.N』
  5. THE SKA FLAMES『Turn-up』
  6. 上坂すみれ『20世紀の逆襲』
  7. サニーデイ・サービス『DANCE TO YOU』
  8. 大森靖子『TOKYO BLACK HOLE』
  9. OKI DUB AINU BAND『UTARHYTHM』
  10. 松野泉『星屑の国』



GOTTA-NI [CD+DVD]
ニカさんのディーヴァとしての資質を大爆発させたアルバム。オリジナルのリードトラック以外は既存曲のカヴァーとなるのだけど、見事にビックバンド曲へと昇華させている。

オリジナル・サウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」/菊地成孔
フリージャズと甘ったるいポップスのスプリットコンセプトはまさに主人公2人の趣味音楽であり特性。これをサントラでやってしまう荒行をやってのける菊地成孔御大はさすがイケてる

  • METAFIVE『META』

META
このメンツを集めてしまうだけで「ズルイ」のだけど、いいものはいいのだ。楽曲も音のつくりもケタ違いの世界で成立してる。次作の『METAHALF』もキレキレ

  • D.A.N『D.A.N』

D.A.N.
夜の都市に響く音楽とはこうゆうのだ。この洗練されたサウンドが20代前半のメンバーによってつくられているというのだから驚きだ

Turn-up
11年ぶりのこのアルバムを手に入れることによりこの先10年はこのアルバムを聞いていればフレイムス現場で踊ることができる。

20世紀の逆襲(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付)
絶望ノ果てのクリシェによる表題曲3部作の世界観に引っ張られることのない多様で粒ぞろいな個性の強い楽曲たちを一人で仕切る歌い手としての上坂すみれさんの可能性を強く感じます

Dance To You [Analog]
どこに針を落としてもスタート箇所として間違いのないアルバム。永井博先生によるこのアルバムのジャケットを見るたびに2016年の夏を思い出すと思う

TOKYO BLACK HOLE(CD+DVD)
ひとりで聴き、ひとカラで歌うことで完結する孤高のポップスがここに完成した。聴いていて疲れない大森靖子は久々だなと思っていたけど聞き終えると案外ダメージくらってる

UTARHYTHM
これぞバンドだしこれぞロックだ。自分にとってアイヌ音楽に触れる機会はこのバンドを聴くぐらいだけど、何にも似ていない力強いルーツミュージック。

  • 松野泉『星屑の国』

星屑の国
何げにエロをテーマに歌っているアルバムなのだけど、この上なくさわやかで清々しい気持ちにさせてくれる。

広告を非表示にする